​To 荷主

◇コンテナの分散化

毎年のように起こる異常気象の際、海に隣接した港が機能不全に陥る可能性は陸よりもはるかに高いです。工場⇔海港のピストン輸送に加えて、工場⇔内陸港⇔海港のハブ輸送の利用を常態化することで、海港が機能不全に陥った際の操業に対するダメージを軽減できます。ジェット機が二基エンジンを積んでいるように、一方が停止しても工場稼働し続けられるようなリスク分散がデポの活用で可能となります。

 

◇デマレージ対策

陸揚げしたコンテナをすぐに運べない場合、港にコンテナをストックさせておく必要があります。チャージがかからない期間を過ぎても、そのまま置いておく利用が常態化しているが、その場合多額の延滞金が発生します。デマレージ対策や東京都と国土交通省がお願いしている、港からコンテナの早期搬出に対応できます。

 

◇物流の安定化

港湾地区の渋滞、ドライバー不足の問題等で、貨物が予定通りに届かない、輸出であれば船積みに間に合わないなどの問題を解決するために、内陸港を使い無駄な走行をなくすことで物流が安定します。

logo (1).gif

​​吉田運送株式会社